腸壁に穴が開く!?現代急増するリーキーガット症候群とは

あなたは、「リーキーガット症候群」を知っていますか?

腸内の慢性炎症から腸壁に穴が開き、通常腸壁を通過してはいけない様々な
物質が腸壁の穴から入り込み、アレルギーなど引き起こす現代人に多く見ら
れる疾病のひとつです。
食物アレルギーがある場合、もしかしたらあなたもリーキーガットかも??
私たちの何気ない生活習慣が原因となるリーキーガット症候群について知り、
ライフスタイルを見直してみましょう。

リーキーガット症候群とは、各単語の意味の通り、腸の粘膜に穴が空き、
菌やウィルス、たんぱく質など、本来は腸管内にあるべきものが血液中に
漏れ出る病気のことです。
Leaky :漏れる Gut:腸 Syndrome:症候群
日本名では腸管壁浸漏症候群といい、腸壁の粘膜に穴が空いている、もしく
は損傷しているために腸内の未分解の物質や有害な菌などが外に漏れ出して
しまい、腸のバリア機能が破られた状態になってしまうのです。

リーキーガット症候群の主な症状

リーキーガット症候群になると、荒れた腸壁の粘膜から作られた炎症物質や
腸管内の菌やウィルス、きちんと分解されない状態のたんぱく質などの有害
な物質が血液にのって体中に蔓延し、様々な面から健康に害を及ぼします。
主な症状としては、食物アレルギー、便秘、統合失調症、アトピー性皮膚炎、
喘息など呼吸器疾患、偏頭痛、関節炎、子宮筋腫などが挙げられます。
上記のほかに、リーキーガットの度合が高まるにつれ、メタボリックシンド
ロームのリスクが高まり、太りやすくなるとも言われています。
また、腸内の機能が弱まり、消化酵素も不足しがちになるため、栄養素の吸
収がしにくくなり、ビタミンやミネラルの欠乏状態にも陥りやすくなってし
まうのです。
さらに今の季節でいうと、花粉症の症状が悪化することも知られており、
リーキーガットがあらゆる面から体にマイナスの影響を与えることがわかり
ます。
体に様々な悪い影響を及ぼすリーキーガット症候群の原因は、乱れたライフ
スタイルにあります。
どれかひとつが特別悪いということでなく、人それぞれの異なるライフスタ
イルの中に、それぞれの危険因子が潜んでいるのです。





123



 トップページ  ブログ                           クリーニング マップ